「ダブルクロス上遠野卓」のシナリオ予告と情報メモです。
情報メモはシナリオ未読者にはネタバレの情報となるので、ご注意下さい。


■シナリオ予告


ダブルクロス上遠野卓
不安の街


隣町の「深陽学園」で女子高生の間に「死神」のオカルトな噂が流れている一方で、
ここ「K市」に流れる「ストーカー集団」の噂はもっと生々しい感情――「不安」を呼び起こしていた。

大勢の人間が「何者かに後をつけられている」「部屋を覗かれている」と証言する中、その「犯人」は目撃すらされていない……。
その増大する「不安」は社会の裏側に潜む「システム」にも食い込んでいて――。


『悪夢とただの夢のあいだには、明確な違いはない』
 ――霧間誠一 <不安と秩序>

■情報収集項目
 
・"ストーカー集団" <情報:噂話>8
K市を中心に、「何人いるか分からないほどの大勢のストーカーが潜み、人々を付け狙っている」
という噂や被害報告が発生している。しかし未だその犯行を行う者の逮捕はされておらず、現在も市民の不安の種となっている。
被害を申告した人に詳細を聞き統計を取った所、雨の日には被害報告が極端に少ないことが分かった。

・反統和機構組織 <情報:裏社会、UGN>8
反統和機構組織"ストイック・クラブ"の構成員が最近K市に潜伏していることが発覚した。
拘束した構成員たちは皆、統和機構に対して過剰に恐れ、怯えるような状態にあり、何らかの精神干渉が疑われている。

・秋島真由子 <情報:噂話、UGN>8
反統和機構組織の構成員に攻撃を受け、気絶させられていた所を病院に運び込まれた。
そして検査の結果MPLS兆候が確認され、厳重に監視されている。

※追加情報(真由子の能力)
彼女の能力は「物品に触れることでその持ち主の思考や状況を読み取る」というものであった。

・黒川良治 <情報:噂話>8 <情報:裏社会>9
秋島真由子のクラスメイト。彼女に悟られないよう尾行、接近をしようとしていた様子が何度か目撃されていた。
その行動を起こす時以外は、人混みに紛れて移動していることが多く、調査が難航している。
何故か雨の降らない日に傘を持ち歩いていることが多い。

・パープル・スカイ <情報:裏社会>9 <情報:UGN>10
"ワイバーン"タイプの戦闘用合成人間で、爆発性の体液を利用した至近距離での広範囲攻撃に秀でる。
その爆発の後に立ち込める紫色の煙からコード・ネームが名付けられた。
K市のMPLS調査を担当していたが、その途中で消息を絶った。
戦闘を行ったと思われし場所からその遺品である"引きちぎられたボタン"が某所より発見された。

※追加情報(最後の思念)
『奴が"アンプレザント・アベニュー"と呼んでいた能力によって、もう私の意識も"不安"に支配される……。
我々が持つ"システムに処分される可能性への不安"……それを完全に利用された。
そして奴の"不安"を支配する能力は、"不安"の感情が周囲にある程増すようだ……とにかく、人が少ない場所での戦闘を徹底しなければならなかった……。
私は任務に失敗した……また皆と、同じ空を眺めたかったが、それももう、叶わない……。』